専業主婦になりたい?メリット/デメリット11選|理想と現実は違う(子供1歳・3歳)

子育て

今回の記事は、日々感じている専業主婦のメリットとデメリットです!!

共働きの時代と言われていますが、専業主婦に強い憧れを持っていたたくぼ。

実際はどうなんでしょうかね。まとめてみました!

ぜひ検討されている方は参考にしてみてくださいね。

専業主婦に憧れた背景

たくぼは、2人の姉の子供(甥っ子)がかわいい!と言うところから結婚願望がうまれました。

甥っ子って本当にかわいいんですよ~

なんだろう。あの子育ての責任みたいなものはなくて、ただただひたすら可愛いという現象。

それまでは特に意識していなかったのですが、

「赤ちゃん産むなら結婚しなきゃじゃん!」という思考回路になり結婚を決意!

赤ちゃん産んだらもうそれはそれは可愛くて、この赤ちゃんの子育てって「今しかできないこと」

と思い、専業主婦になりました!

専業主婦のメリット

1.時間に追われない

これは一番のメリットだと思いますが、絶対に!という決まった時間が基本的には無いです。

変な話、幼稚園は義務教育ではないので、たくぼ家ではどうしても行きたくない!

と言った日は、じゃあ今日は図書館行こう!とか、公園行こう!で休ませたりしています。

幼稚園行った時でも、8時30~9時30の間に登園して、帰りは14時。

短いですよね!(笑)

もうちょっといて欲しい!なんて思う時も多々ありますが、子供と過ごせる時間が長いのは大きな幸せを感じられます。

普段1日の中で絶対にこの時間に何かをしないといけない、行かないといけない、が無いのは子育てをゆったりできる1つだと思っています。

そもそもせっかちな性格なので、これに時間の制限が加わったらと思うと大変なことになります。

良かったぁ~

2.子供の成長を1番身近で感じられる

朝起きてから、夜寝るときまで基本的にはずっと一緒ですよね。

幼稚園に通いだしてからは少し離れる時間がありますが

今日はこんなことができた。

こんな風に笑うようになった。

声を出した。

立った。

座った。

手を振った。指を指した。

などなど、些細なこと1つ1つの成長がうれしくて可愛くて、子供の成長は心を満たしてくれます。

そんな成長を1番身近でずっと見れることは、なんとも言えない幸せで満たされた気持ちになりますね。

3.子供の体調不良時に「休もうね」が気軽に言える

子供って、今?みたいな時体調不良起こしますよね。

そんな時に専業主婦だと対応しやすいです。

仕事をしている場合は、色々調整等が大変ですよね。

2番目の姉が会社員をしながら子育てをしていましたが、子供の体調不良時の話を聞いているだけで大変なことが伝わってきました。

休む日数や時間関係なく子供のことだけを考えて対応できるので、専業主婦で良かったなとすごく思います。

4.家庭と子供のことだけ考えられる

家族が困っているとき、サポートが必要な時に1番に家族や子供を助けてあげることができます。

「お金を稼ぐ」の役目を担っていないので、心の負担がそこに関しては無いです。

家計の財布を握っているのはたくぼですが、稼ぐ役割は小2のおじさん(夫)に任せているので、仕事については考えなくてOKなところが良いです!

小2のおじさん(夫)
小2のおじさん(夫)

うちの財務大臣は財布の紐が硬すぎるんだよなぁ~。

たくぼ
たくぼ

残業万歳!!!

専業主婦のデメリット

1.24時間体制の労働

待って、労働基準法違反ですよ!?

というレベルで母親業務を遂行しています。

そして、外で働いていない分、基本的にすべてたくぼの担当たくぼの責任です。

コアラちゃん
コアラちゃん

そういう責任感のある考えのところが、うつ病になりかけちゃうんですよ~

たくぼ
たくぼ

はい、そうなんです。

朝起きてから寝るまで目まぐるしく家事と子供のお世話をし、夜中ももちろん出勤。

仕事って、基本的に業務時間だけ頑張ればよかったですよね。

主婦は違うんです。待ったなし!

やりたくもないお店屋さんのお客さん役を何時間もやらされ、

同じ本を何度も何度も何度も読まされ

戦いごっこの時はいつも悪い奴役(たまにはヒーローやらせてよ。笑)

やりたくないけどやらなきゃいけないことがたっくさん。

あぁ~辛い!と思う日も・・・。

2.やりがいや成果が数字ででない

どんな仕事でも、大小はあれど達成感や数字で成果が表れるものがあったりと、やりがいというものが目に見えて感じられると思います。

1番は、労働に対しての給与という形で支払われるお金ですよね。

時給だろうが、月給だろうが、ボーナスだろうが

自分の働きに対して評価されてお金が貰えることは、すごく嬉しいことなんです。

専業主婦をしていると、家がきれいだといくら、料理の品数が多いとボーナス、子供の夜間対応は手当てが付きます!なんてものは存在しません。

いつなんどきでも、自分の行動や成果は金銭では評価されないんです。

あれ?子供の本棚もう片付ける5回目だけど・・・。

なんてことは日常茶飯事。

自分の行動や働きが目に見えるものは、子供が毎日無事に生きていて、大きく成長していることくらいですかね。

でも毎日こなしているとそんなことも忘れてしまう時があるんですよ。

3.豪遊できない

小2のおじさん(夫)は外でお金を稼ぐ。

たくぼは家と子供のことをやる!

で分業しているとは言うものの、お金を稼ぐ大変さも理解しているつもりなので、自分が会社員時代の時と同じようにはお金を使うことができません。

なんでだろう。

美容院の回数や値段、洋服を買うブランドやアクセサリーに使うお金も減ってきました。

なんとなくそういうところから節約しちゃうんですよね~

まぁ高い服着ても鼻水付けられたり、嘔吐物かかったりするのでもういいんですけど!(笑)

豪遊はできなくなりました~

最近の夢は100万円とか渡されて(誰によ!笑)

好きなものを値段見ないで買い物すること!

4.自分の1人の時間がない

これ結構きついんですけど、基本的に1人になる時間がありません。

1人でボケっと携帯いじったりテレビ見たり趣味のブログ書いたりしたいんですが、全然できないんですよね~。

最近、葉っぱちゃん(次女)が全然昼寝をしなくなったので、いよいよ本格的に1人の時間を無理して作らないと厳しくなってきました。

睡眠時間を削る方法もありますが、子供を寝かしつけた時に一緒に寝落ちすることほど幸せなことはないので、それはなかなかやめられません。

1人の時間があると良いですよね~

5.子供とずっと一緒も辛いときある

専業主婦のメリットで書いている、子供の成長が1番近くで見れる点と矛盾しますが、

ずーーーっと子供と一緒って辛いこともあるんです。

子供は可愛いし、成長も嬉しいけど、ずっと一緒は苦しいときもあるんです。

あれ、たくぼは何がしたくて何者なんだっけ?と思うこともかなりあります。

そんな時、気晴らししないと心が病みますので要注意。

専業主婦に向いてる向いていないはあるとは思いますが

専業主婦を長年やっている人は、自分の人生の軸みたいなものを少しズラして

うまくその辺折り合いをつけてやっているんだろうなと思います。

自分の人生の野望やビジョンが強い人は難しいかもしれないです。

6.褒められない感謝されない

自分が子供の頃、母親にありがとうって毎日何度も言っていましたか?

お母さんすごーい!ステキ!すばらしい!などなど褒めたりしてましたか?

たくぼは、記憶にある限り全然していませんでした。

母親がやるのが当たり前、母親がするのが当たり前って思っていました。

今自分が専業主婦をやると、なんて大変な仕事だったんだろうとありがたみを感じています。

でも、母親が忙しくしていないと、学校のことを話しやすかったり

いつもそこに誰かがいるって思うことで安心感みたいなものはありました。

7.宇宙人とのやりとり

未就学児ってほんとに宇宙人ですよね。

3歳くらいになってくると善悪は付いてくるちゃ付いてきますが、まだまだできないので大変です。

これはやってはいけないよと言ってもやる!

このおもちゃは買えないよ!と言っても道路に寝っ転がって怒る!

大人だったら話が通じるところ通じませんので、理解させるのに大変ですよね~

専業主婦をやる時におすすめの心構え

1.修行だと思おう

子育ては、今までの人生で味わったことのないことをたくさん味わいます。

経験は宝と言いますが、まさにそれ!

子育ては修行です。修行のその先にきっと何かがある!

まだ未体験のたくぼ。きっと幸せなことがたっくさん待っているはず!

2.思考停止しよう!

あれこれ考えたり、やりたいことや理想を作ると辛いです。

ちょっと思考を止めて日々の流れに身を任せてみた方がストレスなくできると思います。

3.自分の思い通りになると思わないでおこう

子供は産み落とした時からもう別に人間。

自分の持ち物やアクセサリーだと思わない事です。

その子の自我が出てきたら、変な服を着ようが、変な髪形にしようが、変なキャラクターを選ぼうが、命や成長の妨げにならない程度のどうでも良いことは思い通りにさせてあげた方が良い気がします。

自由にどうぞ~

あなたがそれでいいならいいんじゃなぁい。

という精神を心がけたいですね。

たくぼ
たくぼ

はい、すいません。理想論です。

やってみたい働き方

子供が小学生低学年までは、週1か2のパート(できれば前職の大学事務が良いなぁ~)をしつつ

ブログやカウンセラーの仕事を在宅でちょこちょこやる感じが希望です!

(2025年55万円問題ありますがね・・・。オイっ)

その後は、ガッツリ会社員も良いなぁ~なんて。

雇っていただけることを願います!

専業主婦は10年くらいやりたいと考えていますが、会社員も結構好きなんです。

会社員時代はそれなりにストレスはありましたが、周りに恵まれていたので自分で働いたお金で豪遊して気晴らししながら、楽しく働けていました。

子供がいながら仕事をする!というのが想像でしかないので

子育てしながら無理なく働く方法を見つける!を目標に頑張っていけたらなと思っています。

まとめ

専業主婦のメリット

1.時間に追われない

2.子供の成長を1番身近で感じられる

3.子供の体調不良時に「休もうね」が気軽に言える

4.家庭と子供のことだけ考えられる

専業主婦のデメリット

1.24時間体制の労働

2.やりがいや成果が数字ででない

3.豪遊できない

4.自分の1人の時間がない

5.子供とずっと一緒も辛いときある

6.褒められない感謝されない

7.宇宙人とのやりとり

みなさんお気づきですか?

専業主婦のメリットとデメリット、たくぼはデメリットの方が多いと感じているんですよ。

これが現実ですね。しかし数では測れない何かがある・・・。

働きながらの子育てをまだ経験していないので、理想や想像でしかありません。

もちろん働きながら子育てをする方々も、専業主婦とは違った大変さがたくさんあると思います。

どちらが良いとか悪いとかの話ではなく、共働きでもパートでも専業主婦でもなんでも

みんなそれぞれ幸せだったらどの選択や答えも正解ですよね。

今回の記事を参考に自分に合った生活を探してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました